初めての美容院を決めるポイントは、人それぞれですよね。

 

ホームページだけではなんとなくしか分からないですよね。

 

・店のセンス、雰囲気がよいか?
・技術力が高いか?
・人柄は?
・価格は?
・ヘアスタイルをチェックする?

 

実際、試してみないとわかんない?はず、、、。

やってもらう美容師に最大限、頑張ってもらえるようにしなければなりません。

美容室の失敗しない予約方法についてシェアしたいと思います。

 

いつ、美容室を予約するか?

 

繁忙期の土日祭日はさけた方が無難です!

予約するなら、店の朝一番の予約か夕方以降が狙い目かも・・・

忙しいと時間をかけてもらえない可能性が・・・・。

 

美容院の繁忙期はいつか?

2月後半から3月、4月前半、ゴールデンウィークまで、7月、8月のお盆まで、12月は繁忙期です。

この期間の土日祭日に予約するなら店の、朝一番の予約か夕方以降が狙い目です。

 

 

繁忙期は、お客様を断りたくないので、閑散期にくらべ予約をタイトにとる傾向があります。

初めての場合、しっかり話を聞いてやってもらいたいですよね。

そう考えているなら、1日のなかで店の混雑が少ない時間帯の朝一番か夕方以降が狙い目です。

 

 

10時オープンのお店なら、11時から16時ぐらいの時間帯はさけたほうが無難です。

店側からすると、うまく予約をまわしたい。

店の美容師の誰かが遅れ始めると他お客様に迷惑がかかるので、時間どうりに予約をこなしていこうと考える。

カウンセリングや技術に時間をかけたいけど、かけられない心理がはたらくんです。

 

 

あなたにとって”うまくいく可能性が”下がってしまいます。

午前中か昼なかにおわらせて出かけたい。家でゆっくりしたい。

考えることは皆さん同じです。

時間帯を選ぶことは、あなたにとって美容院にとっても実は都合がよいのです。

 

 

美容師を指名した方がよいか?

 

結論からいうと、「指名したほうがよい」です。

【指名なし】で予約すると、手が空いている美容師にやってもらうことになります。

人気の美容師はすぐに予約がとれない。急な予約とれるのは、「どんな美容師?」裏読みしましょう。

 

 

急な予約がとれた美容師がダメではないんですよ。

まだデビュー間もないかもしれないし、どこかの美容院から移籍したてかもしれない。

もしかしたら、急なキャンセルがあったのかも。

 

さけたいのは純粋に人気がない美容師。指名はしたほうが無難です。

 

誰を指名するか?

 

指名しようにもホームページだけで、どの美容師がいいなんて分からないですよね。

 

簡単な方法があります。

電話予約の時、「一番指名が多い人でお願いしたい!」って言えばいいんです。

店側からすると一人しかいないですからね。

 

「上手な人で!」なんて言っても無駄です。

手の空いている美容師があなたを担当する可能性は高くなります。

 

電話の時、なんと言えばよいか?

 

いくつか相談したいことがあります。話を聞いてもらえると嬉しいです。担当してもらう人に伝えてもらえませんか?」

といっておくと、電話対応者が担当美容師に必ず伝えるはずです。

 

ここがポイントです。

担当してもらう人に伝えてもらえませんか?

 

これを言うか言わないか?が、分かれ目かも。

これがないと担当美容師に伝わらない可能性があります。

これを言っておけば必ず伝えます。

担当美容師があなたの予約の前後のお客様の予約をブロックするなんてことも考えられます。

 

「カウンセリングに時間をかけたほうがいいな。」って思うわけですよ。

あなたの予約にゆっくり時間をかけてもらえる可能性が高まります!

 

電話予約で予約が難しそうな気配が伝わってきたら、、、

 

あなたから断りましょう。

「ハショられるかもしれない!」

そう、とっさに思えたならあなたは優秀です(W)

 

予約時間より少し前に入店する。

 

予約時間に遅刻することは、あなたにとっていいことは一つもありません。

繁忙期、あるいは忙しい時間帯は特にです。

 

むしろ、5分前に店に入って、

いつでもカウンセリングが受けられるようにしておけるぐらいが最高です。

 

店側のタイムスケジュールがおしているところへあなたが遅刻。

ホントはいろんなオススメの選択肢があって、カウンセリングができたのに、、、。

「これが似合います」って、限定しておすすめされる可能性が高くなります。

 

店によりますが、、、

1時間に何人の予約をとると思います?

強烈な店で15分に一人。多いのが20〜30分にお一人です。

 

つまり、

5分のカウンセリングでカットを10分、アシスタントに手渡してカラーパーマをやる感じ。

ということは、

あなたが車の渋滞で5〜10分遅れると、、、、どうなるか?ってことなんです。

 

 

いろいろ書きましたが、美容師って難しいんです。

みんな、必死にがんばってるんですが、、、。

 

 

 

P.S.

店を出店する前、組織で働いていたときに感じたことを書きました。

告白します。こういう仕事をしていました。

そうするしかなかったんです。

 

なぜ今、これら上記のことを書けるかって?

これらのことをすべてクリアにしているからです。

 

ヘアカミシの完全マンツーマンは常に一定の仕事をします。

時期、時間帯にとらわれずに。

 

素敵かダサいかはあなたの判断で、、、。汗

 

 

The following two tabs change content below.
morie sugawara

morie sugawara

代表 菅原 守英 ・・・・・・・・・ 2008年、ヘアサロン《へアーカミシ》を立ち上げる。「質の高い仕事をするためには時間をかける!」をモットーに完全マンツーマンサロンを地域でいち早く取り入れる。