最近、以前にお越しいただいていた方々からのご予約があります。

素直に嬉しいのですが、、、

私は質問しました。「また、戻ってきていただいたのは私の技術のどこがよかったのでしょうか?」

 

なんで、こんなことを聞くかと言うと、

何を気に入っていただいていたのかを確認するためなんです。

 

そこを聞かないと、以前にお越しいただいていたときに気に入ってもらっていたことからズレたらだめでしょ。

7年経とうが、同じスタンスで以前に、気に入ってもらってたポイントを外したくないんですよね。

決して、優越感に浸りたくて聞いているわけではありません。

 

皆様が異口同音に、「あなただったら、ハッキリ言ってくれると思ったから、、、。」

私の性格は、ゲストのためなら聞きざわりの悪いこともハッキリ言う性格です。

もちろん、代替え案、ご提案とセットでハッキリ言うのですが、、、。

 

 

皆様、自分に似合う髪型がわからなくなったとのこと。

「だから、すべてを任せます。」って。

嬉しい限りです。ゲストによっては7年ぶりの方もみえました。

 

7年ぶりで、すべてを任せるって、、、、、。

普通ならできないですよね。身が引き締まりました。

常に緊張感をもってやっているつもりですが、さらに緊張が襲います。

 

その皆様がリピしてくれてきているので、良い結果を出せているようです。

なので、ブログに書いています。

 

 

何が言いたいって?

 

戻ってきてくれた皆様方に質問した時、別のことも言っておられました。

 

「戻るのに、かなりの勇気が必要だった。電話をしかけたけど、やっぱり予約ができなくて他サロンへ行ったの。」

このようなことを皆様が言っておられました。

 

もし、このようなことを感じて、カミシに戻りにくいって思っておられる方がみえるなら、私は言いたい。

 

「遠慮なくいつでも予約で来てください。なんとも思ってないですよ。」

魔が差してなんとなく他サロンへ行くことなんて、誰だってありますからね。

他サロンへ行かれて、カミシとの違いがよりわかる部分があるじゃないですか。

 

「隣の芝が青く見える?」おこがましいですが、戻って来ていただけるのは正直、嬉しいんです。

だって、他サロンを体験して、やっぱりカミシだなって言ってもらっているようなもんですから。

電話での予約が気がひけるなら、WEB予約ならいかがですか?

 

お待ち申しあげます。ではでは。

The following two tabs change content below.
morie sugawara

morie sugawara

代表 菅原 守英 ・・・・・・・・・ 2008年、ヘアサロン《へアーカミシ》を立ち上げる。「質の高い仕事をするためには時間をかける!」をモットーに完全マンツーマンサロンを地域でいち早く取り入れる。