アルカリ剤、聞きなれない言葉かもしれません。

一部のカラーやパーマ剤を除いて、ほとんどの薬剤に含まれている成分なんですね。

このアルカリ剤を完全に除去するとヘアカラーの色モチがよくなります。

このアルカリ剤、ヘアカラーには必要な成分なんだけど、ちょいと厄介!

施術後、しばらく髪の中に残ったままになる!

完全除去しないと自宅に帰ってから最初の2〜3週間で染料がシャンプーで髪から脱落(色オチ)しやすくなります

 

髪って死滅細胞で自己再生する力はないのに自動酸化といって弱酸性に戻るんですね。

自動酸化すると染料が安定するんです。

ここで知って頂きたいのは、

カラー直後の2〜3週間をなくしたら、ヘアカラーの色モチがとっても良いっていうこと!

 

カミシでは、このアルカリ剤をパーマやカラーのコースメニューで完全除去しています。

 

完全除去するうえで、とっても大切なポイントがあるんです!

それはキューティクルを ” 過収れん ” させないこと!

 

 

”過収れん”とは?


アルカリ剤で開いたキューティクルを急激に閉じさせて、キューティクルに負荷がかかり傷みの原因にしてしまう!

除去する製品はいくつかあるんですが、残念ですが過収れんしてしまいます!

 

穏やかに、2段階でキューティクルを閉じながらアルカリ剤を完全除去しています。

魚のウロコのように整ったキューティクルが髪に天使の輪を生み出しやすくなります。

 

ヘアカラーとアルカリ剤の完全除去はセットで考えて施術する。

ヘアーカミシのこだわりです。

 

P.S.

アルカリ剤の完全除去はあまり美容室でフォーカスされません。

除去したところで、手触りが格段によくなるわけでもないし、色オチがゼロになるわけではありません。

お客様にわかりにくいし、やった感が感じられにくいから。

でも、カミシはやります!

長いスパンで考えたら毎回のヘアカラーで、染料だけでなく髪の有効成分などが髪から流出しやすくなる日を1日でもなくすのが美容室の使命だと考えます!

The following two tabs change content below.
morie sugawara

morie sugawara

代表 菅原 守英 ・・・・・・・・・ 2008年、ヘアサロン《へアーカミシ》を立ち上げる。「質の高い仕事をするためには時間をかける!」をモットーに完全マンツーマンサロンを地域でいち早く取り入れる。